usa3y





只今、8251 s。



もしまた会ったら
同じようなことになりそう
それくらい気持ちが傾く
よくないこと


送り出す時に相当後悔した人が
東京で頑張っていて
いつの間にか手が届かない人になって
その人を自分が自慢できる未来が
もうすぐそこまで来てるんだなって

行ってみればいいんじゃないって
言ったことを後悔したことが
嘘のような過去になっていって
行って正解だったねって言える日が
来るといいなと思ってる

たった何年かしか
一緒にいられなかったのに
なんだか一生の友達のような
そんな気持ちになってる

言葉がうまく整理できてないけど
心から嬉しく思ってる
どんどん手が届かない存在になれよ
いつまでもいつまでも応援してるし
いつでも帰ってこいよ


彼と離れるタイミングを
知ってるかのように連絡が来て
離れようとしてるのに
結局また戻りそうになる

自分を正当化したいだけだ
弱いのはやっぱり自分だ


心の弱さを克服したくて
距離をとろうとしていても
どちらかがいつの間にか
歩み寄ってしまう
心の弱さが邪魔をしてる


陽気なところが好き
優しいところが嫌い


ライン終わった感じだったから
もう返事もせず一日過ごしてたけど
夜にお酒飲んで電話かけてきて
冷たいやんとか言われると
弱い心が顔を出すから困る


すこし距離をとったら
好きだってことをもっと実感しそうで
忘れることに繋がらない気がして


気持ちを整理しよう。
好きだったことを忘れよう。


いまは楽しくても
いつか苦しくなる

いま楽しいのに諦めれば
苦しさは少しは減る

諦めるべきなのだろうと思う
冷静に考えれば簡単に分かる


こうやって、嫌われていく。
いつの間にか、思い出になる。


これは楽しむための悪口ではなく、
元気をとり戻すため、
心の活性化に必要な悪口なのだから、
よろしいのである。

佐藤愛子/九十歳。何がめでたい


冗談じゃないけど冗談
ってほんとずるい言葉


幸さんは私に優しすぎる


このことで一生
ダメ人間になってしまう

ずるい星人は私で
許してほしいと思っていて
また会いたくなって

いつか嫌われたらいいと思ってて


酔うと声聞きたくなるずるい星人です。


愛ほど理屈や常識が通用しないものはなく
それが悲しみでもあり素晴らしさである

どこかのだれかより


優しさなんてない
きっといずれ怖くなって
見捨ててしまう
未来が見える


離れたところでも映像が見られて
またそれで好きになるから困る

知っていたはずなのに
なぜ手を繋いだんだろう

なぜあんなに優しいんだろう


いつかなんとなく連絡とらなくなって
懐かしい思い出に変わっていくのかな

あの時あんなことあったなぁ
なんて名前の人だったっけ
懐かしいなあ元気かなぁ

なんて、思う日が来るのかな


近くに住んでたら
会いに行ってただろうなぁ

連絡来なくなったら
もう終わりだろうなぁ